プリキュア〜永遠のともだち〜(2014Version)/プリキュア・メモリ(NewStage3 Version) - ハピネスチャージプリキュア! 「マクロスf」ランカ&シェリルがギリシャ神話の女神で降臨! フィギュアくじ登場 19年5月31日 河森監督「“カオスな世界”に飛び込んで」! Fan Club Tour〜Megumi Nakajima Unplugged Live〜! プリキュア〜永遠のともだち〜(2014Version)/プリキュア・メモリ(NewStage3 Version) - ハピネスチャージプリキュア! GOGO ANIME 目次に戻る マクロスf ジャンル sf・ロボットアニメ: アニメ 原作 河森正治 / スタジオぬえ: 総監督 河森正治 監督 菊地康仁: シリーズ構成 吉野弘幸: キャラクターデザイン 江端里沙、高橋裕一 メカニックデザイン 河森正治、石垣純哉: 音楽 菅野よう子: アニメーション制作 【YouTube「マクロスch」プレミア公開決定】2020年12月24日(木)20時30分~『マクロスF』「娘クリ -Nyan×2 Music Clip- (2020 Christmas Eve Edition)」 2020.12.18. ワルキューレ LIVE TOUR 2020年12月19日(土)Zepp Osaka Bayside公演にご来場のお客様へご案内. 劇場版マクロスfを見ていて、ランカの声に違和感を覚えるのですが、みなさんからしてみたらどうでしょう?タイトル通りです。劇場版のマクロスfを見てみると、ランカの声がアニメと違うと思うんですね。でも、声優の方は同名でして・・・ 『マクロスF』10年ぶり単独ライブ開催決定 “シェリル”May'n&“ランカ”中島愛が再び 人気アニメ 『マクロスF(フロンティア)』 の 10年ぶり 単独ライブ 『SANKYO presents マクロスF ギャラクシーライブ 2021~まだまだふたりはこれから! 私たちの歌を聴け! マクロス・ギャラクシー出身のアイドル・シンガー シェリル・ノームが コンサートのために来艦する。 シェリルに憧れる女子高生 ランカ・リーは、念願だったシェリルの コンサートに急ぐ途中、パイロット養成コースの高校生 早乙女アルトと出会う。 ランカ・リー with シェリル・ノーム(7月27日 Zepp Tokyo・8月6日, カンノヨーコ presents マクロスF ギャラクシーツアーFINAL(10月13日, SANKYO presents マクロスF ギャラクシーツアー FINAL こんなサービスめったにしないんだからねinブドーカン☆(11月5日, マクロス超時空進宙式典〜ほんとに2009年になっちゃた…2.22(にゃんにゃんにゃん)だよデカルチャー!〜(2月22日 秋葉原UDX) ランカ・リー役として出演, YOKO KANNO SEATBELTS 超時空七夕ソニック 〜次回公演は22世紀を予定しております。〜(7月7日, カンノヨーコ presents マクロスF 超時空スーパーライブ『Merry Christmas without You』(12月22日, FIRE BOMBER 2012(11月23日 渋谷公会堂・11月24日 なんばHatch) ランカ・リー役として歌唱, たまゆら進級イベント 〜新しい季節の始まり、なので〜(4月14日 TOKYO DOME CITY HALL) 歌唱ゲスト, たまゆらの日2013ファイナル〜もあぐれっしぶ〜(11月3日 竹原市照蓮寺) 歌唱ゲスト, たまゆら「卒業式〜TAMAYURA Last Event〜」(4月24日 広島県立竹原高校体育館) 歌唱ゲスト, マクロス35周年×マクロスF10周年『超時空管弦楽F』(9月8日・9日 日本橋三越本店, プリキュア15周年Anniversaryライブ 〜15☆Dreams Come True!〜(1月20日 中野サンプラザ) 愛乃めぐみ / キュアラブリー役として出演, 中島愛 10th Anivesary写真集 With you…(2018年、株式会社コスミック出版). マクロスは歌にもかなり力をいれていて、劇中などにも使用されています。 シェリル・ノームは歌はMay’nさんが歌われています。 ランカ・リーはそのまま声優も歌も中島愛さんが担当していて、5000通の応募の中から選ばれた天才と言われています。 アニメ・声優 - 最近、ランカとアルカにイライラします。 (第22話の途中まで見ました。) アルトは、どっちのヒロインが好きなのかあやふやで、状況に流されている感じがして嫌です。ずるいとも思えます。 中島愛さんは、現在放送中のtvアニメ「マクロスf(フロンティア)」のヒロイン“ランカ・リー”役でデビューを飾った新人声優。6月25日には「ランカ・リー=中島愛」としてデビューシングル「星間飛行」を … - 7.マーブル/忘れないよ。 - 8.そんなこと裏のまた裏話でしょ? 中島 愛(なかじま めぐみ、1989年6月5日[3] - )は、日本の女性声優、歌手。茨城県水戸市出身[2]。e-stone music(事務所)[5]、フライングドッグ(音楽レーベル)[6]所属。愛称はまめぐ[1]。, 日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれ[7]、音楽に溢れた家庭環境で育つ[8]。2003年、自らスターダストプロモーションへ応募して合格し、アイドル予備軍として『Harajukuロンチャーズ・夏』に出演。以後、5年間のレッスンを重ねる。, 2007年、マクロスシリーズ新作のヒロイン(歌姫)を決める「Victor Vocal&Voice Audition」に応募。約5,000通の応募の中から合格者に選ばれ[9]、同年8月18日に日本青年館で行われたイベント「マクロス25周年記念ライブ」にてファンの前で発表される。, 2008年放送の『マクロスF』にてランカ・リー役で声優デビュー。フライングドッグレーベルよりシングル「星間飛行」(ランカ・リー=中島愛名義)と「ライオン」(May'nとの共演)をリリース。オリコン週間チャートではそれぞれ最高5位、3位を記録した。, 2009年のシングル『天使になりたい』より個人名義でのリリースをスタート。この年以降は歌手としての活動も多くなり、同年の第3回声優アワードにて歌唱賞を受賞した。2010年より『たまゆら』シリーズのエンディングテーマを担当。2012年のシングル「TRY UNITE!/Hello!」を機にスウェーデン出身のプロデューサー、ラスマス・フェイバーとのコラボレーションを展開した[10]。, 2012年末よりデビュー5周年企画「まめぐ5本の矢」をスタート。2014年には『ハピネスチャージプリキュア!』にて主演・愛乃めぐみ / キュアラブリー役でテレビアニメ初主演。遠い夢だったというプリキュアシリーズへの出演が実現した[11][注 1]。, 2013年12月、中島愛名義での音楽活動を2014年3月末日をもって無期限活動休止とすることを発表[12]。2014年3月20日にファイナルライブを開催し、MCでは「いつか胸を張って『ただいま』と言えるようになるのが目標です。待っていただく時間をいただきたいと思います」と語った[13]。同年4月末には公式ブログの更新を終了し、その後公式HPとともに閉鎖されている。, 2014年7月末でスターダストプロモーションを退所し、フリーで活動する。『ハピネスチャージプリキュア!』の放送終了後は、フリー転向前に出演が決まっていた作品の他に、ゲームやCMなどでは過去に担当した持ち役の新録などに参加する程度だった。, 2016年12月1日に声優・歌手活動の本格的な再開とe-stone musicへの所属を発表し[14]、新公式サイトおよび公式ファンクラブ「LOVE with YOU」を開設。2017年2月15日に3年ぶりの復帰作『ワタシノセカイ』を発売し[15]、6月4日に単独ライブを開催した。, 歌手活動再開後は、少女時代から探求している「80年代アイドル歌謡」への想いを形にする機会が増えている。デビュー10周年となる2018年は関連書籍の出版[16]、歌番組での斉藤由貴との共演が叶い[17]、2019年は自身初プロデュースによるカヴァーミニアルバムを発表した[18]。, 名前の「愛」は「すべての人に愛を与えられる人になってほしい」という願いを込めて命名された[8]。「めぐみ」と読むため、名前をよく「あい」と間違えられる。2009年には2ndシングル「ノスタルジア」がTBSドラマ『大好き!五つ子』の主題歌として使用されたが、OPテロップでは「中島愛」の愛の上の部分に「めぐみ」とフリガナが振られていた。, 『ハピネスチャージプリキュア!』で声を演じた役名は「愛乃(あいの)めぐみ」と、「愛」とルビの「めぐみ」が入っていたが、これは偶然である。中島は大森ゆうこ(キュアハニー)役を志望していたが、オーディション当日にめぐみ役も受けさせられ、結果そのままめぐみ役で起用された[19]。, 愛称の「まめぐ」は「なかじまめぐみ」より。ファンクラブ会員は「こまめ」という[20]。なお、Megpoidのイメージキャラクターである「GUMI(グミ)」は自身の幼い頃のあだ名から命名した[21]。高校生の頃は、地元の仲間内で「キャサリン」と呼ばれていた[22]。, アメリカのプロレス団体WWEの大ファンであり[23]、特にストーン・コールド・スティーブ・オースチンが大好き。13歳の時に買ったポスターを部屋に飾ってあり[24]、中学時代は制服の下にストーン・コールドの髑髏のネックレスを着用していた[25]。, 昭和に活躍した1980年代のアイドルが好きで、当時のレコードや8cm CDを収集している。BOOK OFFやHARD OFFなどの中古リサイクル店を巡り、掘り出し物を探すのが楽しみ[26]。きっかけは小学6年生の頃、自分が生まれた1989年にどんなアイドルが流行っていたのか調べてみて、工藤静香やWinkのサウンドに衝撃を受けたこと[27]。松田聖子やおニャン子クラブの河合その子のファンで、自身も「昭和に生まれておニャン子クラブに入りたかった」という[28]。CDではなく「(アナログ)レコード」を出すことが夢と語っていたが[29][30]、デビュー10周年ベストアルバムで実現した[31]。自称「クレジットマニア[32]」で、作詞家・作曲家・編曲家といった裏方のプロの仕事を尊敬している。洋楽ではアース・ウィンド・アンド・ファイアーやAORが好み[33]。, Negiccoとは互いにリスペクトしあう関係で、互いのライブやアルバム制作にゲスト参加している。新潟で行われたNegiccoの10周年単独ライブにはファンとして遠征した[34]。自身の歌手活動再開にあたり、彼女たちのライブを観ることがものすごく原動力になったと語っている[35]。, ももいろクローバーZは、かつて所属していたスターダストプロモーションでの後輩。メジャーデビュー前のももいろクローバー当時、2009年の中島のライブに前座やバックダンサーとして出演していた。2018年12月放送の『坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT』第91夜では中島がゲスト出演し、佐々木彩夏と「星間飛行」をデュエットした[36]。, 田所あずさは、地元の女子高の後輩[22]。声優に憧れていた頃、卒業生の中島の存在を知り、声優オーディションを受けるきっかけになったという[37]。また、豊田萌絵も茨城県出身で、知人の伝手で中島から励ましのメッセージ入りサイン色紙をもらい、声優を目指す活力になったという[38]。, 後に『マクロスΔ』でワルキューレメンバーとなる安野希世乃は、声優養成所時代に『マクロスF』の歌姫オーディションに応募し[39]、中途審査で落選したものの、中島が同年代だったので応援していたと言う[40]。, 西脇辰弥は中島のソロ活動初期から作編曲家兼バックバンドのバンマスとして音楽活動をサポートしている。以前は髪が茶髪だったことから、中島は親しみを込めて「チャッピー大先生」と呼んでいる[41][42]。, 13歳でスターダストに所属してから5年間ほとんど仕事がなく、卒業後の進路も考えて事務所にもう辞めますと伝えた時、「最後にこれだけ受けて」と勧められたのが『マクロスF』の新歌姫オーディションで[27]、約5,000名の応募者の中からランカ・リー役に選ばれた。デビューシングル『星間飛行』発売時には「みかん箱からZeppまで」と題したイベントツアーを行なったが[43]、アニメ本編におけるランカのシンデレラストーリーと並走する形で、半年後には武道館のステージに立った[44]。ランカとの一体感は強く、劇場版完結編のアフレコ終了後には引き裂かれるような感覚で涙が止まらなかったという[45]。, 『マクロスF』の総監督を務める河森正治はヒロイン役のオーディションに関し、先に決まっていたシェリル・ノームの歌担当のMay'nと声質が違うことと、本番に強いという印象を選考理由に挙げている[46]。「僕はプロトタイプが好きな人間ですので、声優さんとして、歌手として完成された方よりも、作品とともに成長して、作中で役者として臨界点を超えるであろう瞬間を僕らと共有できる方におねがいしたいです」と発言している[47]。, 「今まで会いたかった人」の2人のうち1人をクラン・クラン役の豊口めぐみと挙げている。『りぼん』を愛読していた中島は、中でも『超GALS! ボーカルアルバム1 〜Hello!ハピネスフレンズ!〜, a-nation Island Stage アニジェネ 〜ANISON GENERATION〜, マクロス元年記念 マクロス クロスオーバーライブ A.D.2009×45×59@幕張メッセ, “声優・アーティストの中島愛さんが茨城県水戸市で凱旋ライブを開催!「中島 愛 凱旋ライブ in mito LIGHTHOUSE〜しみじみ茨城〜」公式レポート”, https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1551080709, https://blog.excite.co.jp/exanime/7071415/, 「ハピネスチャージプリキュア!」キュアラブリー役に中島愛さん プリキュアは“遠い夢”だった, 中島愛さんの最後のライブ「Thank You」より公式レポートが到着! 小説. 恒星少女 -Do The Scientists Dream of Girls'Asterism?-(, Megpoid Talk(インターネット社製音声読み上げソフト、2014年1月16日発売), マクロス25周年記念ライブ MINMAY meets FIRE BOMBER(8月18日, ランカ・リー=中島愛ミニライブ@フォルモ…ぢゃないよ!ヴィーナスフォート☆(6月14日, マクロスF超時空スーパーライブ デビュー! 劇場版 マクロスf 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~ 【インタビュー】ランカから始まる全18曲! 中島 愛がキャラソンコレクション「full of love! ランカ・リー 声優 – 中島愛 オズマ・リー 声優 – 小西克幸 ミハエル・ブラン 声優 – 神谷浩史 ルカ・アンジェローニ 声優 – 福山潤 クラン・クラン 声優 – 豊口めぐみ ジェフリー・ワイルダー 声優 – 大川透 nO limiT - Running on - 二人の約束 - アイドル・アタック! 【アニメイトタイムズ】アニメでは“水着回”として、アプリゲームでは“夏のイベント”としてアニメ、ゲーム両ファンにとって馴染み深い水着。今回はそんな水着姿のコスプレ写真をピックアップ! 『ソードアート・オンライン』アスナ、リーファ、『ラブライブ! 超長距離移民船団マクロス・フロンティアで、人気歌手シェリルのライブが開催。アクロバットシーンに出演するパイロット候補生の早乙女アルトは、会場近くでシェリルファンの少女ランカと出会う。ところが、突如謎の生命体がフロンティア船団を強襲、ライブが中止になり帰宅途中のランカは、それに巻き込まれてしまう。ランカの危機に遭遇したアルトは、彼女を守るためにパイロット不在となったVF-25Fのコクピットに座る。 1. アニメ【マクロスΔ(デルタ)】 河森正治による「マクロスシリーズ」の7作目。 2016年4月より下記の各局にて放送開始となる。 tokyo mx tvq九州放送 bs11 毎日放送 テレビ愛知 愛知県 テレビ北海道 目次↓ 1.概要・あらすじ【マクロスΔ(デルタ)】 2.声優【マクロスΔ(デルタ)】 - 9.ありがとう - 10.ワタシノセカイ - 11.サタデー・ナイト・クエスチョン - 12.知らない気持ち/Bitter Sweet Harmony, 1.I love you - 2.Be With You - 3.Thank You - 4.Curiosity. 中島 愛(なかじま めぐみ、1989年6月5日 - )は、日本の女性声優、歌手。茨城県水戸市出身 。e-stone music(事務所) 、フライングドッグ(音楽レーベル) 所属。愛称はまめぐ 。 声優や歌手として活動する中島愛のキャラクター・ソング・コレクション。アニメ『マクロスf』で自身が演じたランカ・リー名義の楽曲「アイモ」「星間飛行」をはじめ、多種多彩なキャラソンのほか、新曲などを収録している。 ランカ・リー(Ranka Lee[1]、蘭花 李[2])は2007年以降にテレビアニメや劇場用アニメなどで発表された『マクロスF』関連作品に登場する架空の人物でヒロインの1人。声優および歌唱パートは「ビクターボーカル&ボイスオーディション」にて約5000通の応募の中から選ばれた中島愛。, 2007年12月23日放送の特別編を皮切りにテレビアニメ、漫画、小説、劇場版映画などで発表された『マクロスF』の登場人物。歌が好きな少女で、銀河の妖精と呼ばれるトップシンガー「シェリル・ノーム」と出会ったことをきっかけに歌手を目指すようになる。やがて芸能プロダクションに入り、映画出演とその主題歌を歌ったのをきっかけに、「超時空シンデレラ」と呼ばれるスーパーアイドルになってゆく。, キャラクターデザインは江端里沙。もう一人のヒロインであるシェリルが大人びた女性であるのとは対照的に、身長は小さく[3]、ボディラインも幼さが残る。性格は引っ込み思案で、不器用な面もあるが、ここ一番には肝が座る。, ふとしたことから主人公の「早乙女アルト」と知り合い、親交を深めて行く。自分が歌手になるための後押しをしたアルトのことを好きだと気づくが、一方でシェリルもアルトに惹かれており、三角関係になる。その行方は多くの視聴者の興味を引いた。, テレビ放送と時期を合わせてオフィシャルブログも更新され、アニメのキャラクターながら、実在するかのような演出が行われた。ランカ・リー=中島愛名義でCDも発売され、ファーストシングルの「星間飛行」はオリコン初登場5位にランクインした[4]。フィギュアやCD、本、プラモデルほか、関連商品も多数発売されている。, なお、オーディションには後に『マクロスΔ』でワルキューレメンバーとなる安野希世乃も参加しており[5]、中途審査で落選したものの、中島が同年代だったので応援していたと言う[6]。, この項目では架空の人物である「ランカ・リー」のキャラクター設定を紹介する。ここではとくに断りのない場合、テレビ版『マクロスF』における設定について述べる。その他の作品における設定・経歴については後述。, 『マクロスF』の物語開始直後(2059年3月)は15歳で、劇中で誕生日を迎えて16歳になる。この時点での身長は156cm[7]、体重は42kg。地球人とゼントラーディ人のクォーターで、血液型はOz(ゼントランのO型)。ソーシャルセキュリティナンバーは624-31-9124[8]。ゼントラーディの血を引くことから髪は緑色で、体も頑丈。ショートの髪型は垂れ下がった犬の耳のように見え、後ろ髪をリボンで縛っており、頭頂部付近にはいわゆる「アホ毛」がある。垂れ下がった部分の髪は感情に応じて動くことがある。メールや手紙では日本語を用いる。, 銀河中心付近を航行する移民船団「マクロス・フロンティア」のアイランド1、サンフランシスコエリア(381 Dox Street,Frontier Midtown,AS 13451)[9]に義兄のオズマ・リーと一緒に住んでいる。, 名門の「お嬢様学校」である聖マリア学園に通いつつ、中華料理チェーン店「娘娘」(にゃんにゃん)でアルバイトをする。仕事中は制服の赤いチャイナドレスを着用している。友人は同じ「娘娘」のアルバイト仲間の松浦ナナセ。, 11年前にバジュラによって壊滅させられた第117次大規模調査船団の生き残り。解離性健忘により当時の記憶を全て失っているが、親しい人間の危機に直面すると記憶がフラッシュバックし、錯乱状態に陥る。事件以前の唯一の記憶が、全編を通して彼女のテーマソングとなる「アイモ」。事件の際に新統合軍パイロット、オズマ・リーにより救出され、その妹として育てられた。引っ込み思案な性格で、人前で歌うことを避けていたが、自分の歌をみんなに聞いて欲しいという願いと、アルト、シェリルとの出会い、彼らの激励をきっかけとして、本気で歌手を目指すことになる。, 登竜門のつもりで第12回「ミス・マクロス・フロンティア」コンテストに応募。最終選考まで残るがミスの座は得られずに終わる。しかも出場したことで、学校から停学処分を受ける。しかし街で歌っている姿をエルモ・クリダニクに見出され、芸能プロダクション入り。聖マリア学園を退学後、芸能活動のため美星学園芸能科に編入。デビュー曲は「ねこ日記」。, その後劇中の映画「BIRD HUMAN -鳥の人-」(『マクロス ゼロ』で描かれた物語の映画化という設定)で端役に起用されるが、彼女の歌う「アイモ」を監督のジョージ山森が偶然耳にしたことで、「アイモ」が映画の主題歌に使われることになる。さらにサブヒロイン、マオ・ノーム役が怪我で出演できなくなったため急遽代役に抜擢され、ラストシーンで「アイモ〜鳥のひと」を歌ったことから一躍脚光を浴び、「超時空シンデレラ」の異名をとるアイドル歌手となる。, ガリア4での反乱鎮圧をきっかけに現代のリン・ミンメイとして注目されるが、ランカの歌がバジュラに影響を及ぼすことが判明してからは、軍事的に利用されるようになってしまう。また、バジュラと心を通わせる特異な能力を持つゆえ、他者からの理解を得られず孤立し、非常に難しい立場に立たされる。アルトに対しては何度も危機を助けられたことで好意を抱くようになるが、うまくそれを伝えられず、シェリルと親密になるアルトに複雑な思いを抱きはじめる。, 携帯電話は「オオサンショウウオさん」と名づけられたバイオセルラー(生体携帯)。生物的な外見で手足はヘッドホンになったりといった、さまざまな機能がついている。バルキリーの形をしたリュックサックを愛用している。制服は初期は「聖マリア学園」の白い制服だが、のちに美星学園に転入してからはオレンジ色の制服になる。サインも設定されており、丸っこい「Ranka」のRの中に人の顔が描かれている[10]。, 趣味は資料によって複数の回答があるが、「料理」、「音楽鑑賞」、「歌うこと」、「蟻の行列の追跡」、「キモカワグッズ集め」の5つが挙げられている。ランカ・リーブログ(2058年12月1日の設定)では趣味はお料理と音楽鑑賞だが、もっぱら食べる方が好きと書かれている。テレビアニメでは厨房に立つシーンもあり、第11話「ミッシング・バースデー」では手作りのクッキーを作る。『RANKA マクロスF ランカ・リー オフィシャルブック』の20 - 21ページで「あらゆる事件を乗り越えてきた、ランカ・リーさんに直撃」と題したページでは、趣味は歌うことと、(最近あまり作っていないが)料理と答えている。蟻の行列の追跡については、ランカ・リーブログのプロフィール、『マクロスF OFFICIAL FILE (2)』、『RANKA マクロスF ランカ・リー オフィシャルブック』124ページなどに記述がある。好きなアーティストはシェリル・ノーム。, 『劇場版 マクロスF』においては、アルトとは物語開始以前からの知り合いとされており、テレビ版ではランカのみが記憶していた「アイモ」をシェリルも受け継いでいるという設定になっている。アルバイトではジャイロスクーターに乗って美星学園に「銀河ラーメン」の出前を届ける。「オオサンショウウオさん」の色はテレビ版の緑からオレンジとなっており、一目でテレビ版のランカと見分けがつくようになっている。, 前編『イツワリノウタヒメ』では「ミス・マクロス・フロンティア」出演シーンは大幅にカットされているが、その後の下積み活動の描写が多くなっている。フロンティア船団へのバジュラ襲来時(第一次遭遇戦、または第二次バジュラ遭遇戦)にシェリルとともにステージで歌い、これをきっかけに一躍人気歌手となる。, 完結編『サヨナラノツバサ』では第一次遭遇戦でバジュラに捕獲された際の体験から、バジュラにも心があるのではないかという考えを持ちはじめる。アトランティス・ドームでのファーストライブを終えたあと、シェリルがフロンティア船団によりスパイと認定されて死刑宣告を受けた際、ギャラクシー船団のサイボーグ、ブレラ・スターンによって自身の失われた過去について告げられ、記憶を取り戻す。S.M.Sでの検査により自身とバジュラとの関係が明らかとなり、シェリルを救うためにみずから作戦を発案し、シェリルが収監されたアイランド・アルカトラズにて陽動のための慰問ライブを行う。脱出時、ランカの内臓をシェリルに全移植することをもくろむギャラクシー船団上層部の命令を実行するべく現れたブレラに身柄を狙われ、オズマとシェリルの命をかけた行動により救われる。最後の戦いを前にして、アルトの気持ちを察しながらも自分の思いを告げ、バジュラに心を伝え争いを止めるために歌い続ける。, 小山鹿梨子の漫画『シェリル 〜キス・イン・ザ・ギャラクシー〜』では美星学園の生徒として登場。アルトとは以前からの知り合い。「ミス・マクロスF」出場時にその才能を注目され、知名度を上げる。5歳のころ、惑星ガリア4で「アイモ」を歌った際にバジュラが現れ、目の前で家族を失いながらも自身は無傷で生存したという過去を持つ。のちに船団元老院によりバジュラ誘導能力を持つ「クイーン1」と認定され、洗脳されて歌でバジュラを操り、フロンティア船団に攻撃を仕掛ける。乗り込んできたシェリルの歌によって洗脳は解かれ、S.M.Sに救助される。, この節ではランカが歌う楽曲について記述する。歌はいずれも中島愛。作曲は「私の彼はパイロット」「愛・おぼえていますか」を除き菅野よう子。テレビシリーズスタート当初は単に歌の好きな少女という設定から、シェリルやミンメイの歌を歌うが、物語中盤のメジャーデビュー後はランカのために書かれた曲が登場する。, 『マクロスF』では、銀河ナンバーワンの歌手とそれを追いかける少女の構図として、シェリルとランカがダブルヒロインとなっている[13]。, キャラクター造形では、今までのどんなアニメキャラクターとも似ていない髪形が模索され、江端里沙の手によって最終的に犬の耳のような髪型になった[13]。髪の毛が動くのは異星人(ゼントラーディ)の血を受け継いでいるからという理由がつけられた。地味になりすぎず、派手になりすぎないところが難しかったとのこと。コスチュームについてはナチュラルな正統派を意識してデザインされた[14]。, 河森は新人の中島愛がオーディションで見つかったから、ランカの成長とリアルタイムでシンクロする新鮮なキャラクターになったと語っている[15], 作画監督の高橋裕一は、ランカのイラストを描くときに難しいのは胸と述べている。小柄という設定だが、真っ平にはできず、かといって大きくもできないため、作画スタッフによってまちまちになるからだという[16]。, 『マクロスF』は多様な媒体でメディアミックスが行われており、ランカを主人公とした作品も複数存在する。, 本作のヒロインであるランカは数々のグッズが製作されている。以下に紹介するもの以外にも、シェリルとのコンビで関連グッズに描かれることが多い。, 1.天使になりたい - 2.ノスタルジア - 3.ジェリーフィッシュの告白 - 4.メロディ - 5.神様のいたずら - 6.TRY UNITE!/Hello!