【公開】 2018年(アメリカ映画) 【原題】 Detroit 【監督】 キャスリン・ビグロー 【キャスト】 ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、アルジー・スミス、ジェイコブ・ラティモア、ジェイソン・ミッチェル、ハンナ・マリー、ケイトリン・デバー、ジャック・レイナー、ベン・オトゥール、ネイサン・デイビス・Jr.、ペイトン・アレックス・スミス、マルコム・デビッド … その1つは陪審員が全員白人だったということです。 深夜に行われた警察の酒場への捜査に、デトロイトの黒人たちは不満を覚えそれが暴動になってしまったのでした。 デトロイトでは1943年にも暴動があったが、それを超える規模となった。 この事件以降、コストパフォーマンスの高い日本車の影響もあり、自動車産業により栄えていたデトロイトも打撃を受け、白人の人口流出が増加していく。 脚注 [編集] 原題:Detroit 洋画:実話・スリラー 製作年:2017年 製作国:アメリカ 日本公開:2018年1月26日 レンタル開始:2018年7月4日 上映時間:142分 映画『デトロイト』公式サイト – ロングライド 映画で人生を豊かに/映画を通して世間を勉強しよう/映画を通して感じたこと学んだことを発信しています. またその中で起きた黒人少年が殺される悲しい悲劇。, 監督がこの作品へ込めた私たちへのメッセージと、この悲しい事件を絶対に忘れてはいけないと強く思わされる作品でした。, 映画ブロガー/映画Youtuber さらにその集まった黒人たちから音楽が生まれ、黒人アーティストを専門としたモータウンというレコード会社が誕生し音楽があふれる街でもありました。, その中でお金持ちの白人はデトロイト郊外に住むようになり、貧しい黒人だけがデトロイトの中心にに住むようになっていきます。 暴動が起きる前のデトロイトは自動車産業とモータウンという黒人音楽が盛んな街でした。, 映画の中で描かれていたフォードの自動車工場で働く黒人たちのように、仕事を求めて多くの黒人や移民がデトロイトに集まってきました。 しかしそのデトロイトでは、その後の街行く末をを変えてしまうほどの暴動が起きてしまいました。, その暴動の根底にあった警察官の黒人への不当逮捕。 【tv】「デトロイト暴動真実を求めて」 キャスリン・ビグロー監督の映画『デトロイト』(公式サイト)が見たいと思っていたので、たまたまテレビ欄で見かけた番組を録画しておいた。まさに映画の題材となったアルジェ・モーテル事件のことを取材する番組だったので、メモを取りながら鑑賞。 裁判の内容は映画の中では詳しく描かれていませんでしたが、正当な裁判だとは言えなかったようです。 米国史上最大級の黒人暴動事件<デトロイト暴動>の最中に起きたある人種差別的な事件を描いた、衝撃的な事実をベースとした作品. 17年公開の映画『デトロイト』は、67年に実際起きたデトロイト暴動でのアルジェ・モーテル事件を題材に、極限の状況で狂気を帯びていく人間の本質を、ドキュメンタリータッチで描き出した作品。 1967年7月、米国最大の工業都市デトロイトで実際に起きた暴動事件を題材としている。 事件の原因には、黒人社会の格差差別が根深く横たわる。冒頭、デトロイト市の成り立ちがアニメーションで説明さ … アメリカ史上最大と言われるデトロイト暴動事件。5日間にわたる暴動の最中に、とあるモーテルで起きた発砲事件。現場へ駆けつけた警察官による魔の尋問が始まろうとしていた・・・。 映画【デトロイト】不当弾圧の渦中にいた登場人物たち. デトロイト中心街に住む黒人たちは白人警察の不当逮捕に対して怒りが溜まっていました。, そして1967年7月23日。 そしてまたここから感じたことを教訓にしなければいけないという強いメッセージが込められています。, 自動車産業で栄えモータウンサウンドを生んだ街デトロイト。 1967年に起きたデトロイト暴動の事件は、どうして起きたのですか?原因は黒人に対する人種差別が原因なんですか? デトロイト市西側である12番街の無免許酒場に、警察の捜査が入りました。酒場はアメ … 40分間続いた拷問シーンはずっと心臓の鼓動が大きかったです。 暴動が起きる前のデトロイトは自動車産業とモータウンという黒人音楽が盛んな街でした。, デトロイト中心街に住む黒人たちは白人警察の不当逮捕に対して怒りが溜まっていました。, 深夜に行われた警察の酒場への捜査に、デトロイトの黒人たちは不満を覚えそれが暴動になってしまったのでした。, アメリカでは2017年に公開されたこの映画はアルジェ・モーテル事件から50年後に公開されたことになります, 映画『愛と青春の旅立ち』あらすじと解説 恋と友情の青春映画に描かれた父と息子の物語, 映画『ロードキラー』あらすじとネタバレ 悪ふざけはほどほどに! 犯人の男はどうなった?, アニメ『ドラゴンボール』第6話「真夜中の訪問者たち」ドラゴンボールを追って集まる人たち. その間州警察や州兵などもデトロイトに向かいましたが、43人が死亡し1200人近くの負傷者を出す暴動となりました。, そして暴動がおさまってもデトロイトは荒れた街となってしまい、ますます白人はデトロイトから出て行ってしまったのでした。, 1967年のデトロイトの暴動の最中に起こったのがアルジェ・モーテル事件です。 (C)2017 SHEPARD DOG, LLC. デトロイト暴動(デトロイトぼうどう、英語: Detroit riot)は、1967年7月23日から27日にかけてアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトで起こった暴動である。12番街暴動、12番通り暴動(英語: 12th Street riot)としても知られる。, 1967年7月23日、アフリカ系アメリカ人を中心とする群衆と警察との間で生じた小競り合いが瞬く間に拡大。数千人規模に膨れ上がった暴徒が市内の商店を襲撃、略奪放火を繰り返しながら警官隊を攻撃しだした。ミシガン州知事のジョージ・ロムニーは、市内に州兵を出動させるとともに外出禁止令を出した。この日150人の逮捕者を出したが、暴動は拡大し続けた[1]。同年7月25日にはリンドン・ジョンソン大統領が連邦軍の投入を決断、約1800人の落下傘降下兵が市内に投入されると、ようやく暴動は沈静化に向かった[2]。, 最終的に43人が死亡し、1189人が負傷した。デトロイトでは1943年にも暴動があったが、それを超える規模となった。, この事件以降、コストパフォーマンスの高い日本車の影響もあり、自動車産業により栄えていたデトロイトも打撃を受け、白人の人口流出が増加していく。, 「デトロイトで暴動 数千人が商店を襲撃」『朝日新聞』昭和42年(1967年)7月24日夕刊、3版、2面, 「黒人暴動 米各地に波及 連邦軍、黒人街に入る」『朝日新聞』昭和42年7月26日朝刊、12版、1面, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=デトロイト暴動_(1967年)&oldid=80020933. (町山智浩)そのすごい大暴動があったこと自体の映画じゃなくて、その大暴動と同時に起こった黒人少年3人が殺された虐殺事件がありまして。それが1967年に起こったので、それの50年目に作られたのがこの『デトロイト』という映画なんですね。で、いまかかっている音楽はいわゆるデトロイトで作られた音楽……「モータウン」というレコード会社ができまして。で、すごく流行ったんですけども。デトロイトは最初、自動車 … 街の中で略奪を繰り返し街を燃やす彼らの怒りは収まることがありませんでした。, デトロイトの暴動は27日まで続いたとされています。 1967年にデトロイトで起きた暴動。それは黒人に対する不当な逮捕への不満が一気に爆発して起こりました。その暴動の最中に起きたのがアルジェ・モーテル事件です。白人警官による暴力と殺人。絶対に忘れてはいけない出来事ですが、それは今も続いている悲しい出来事なのです。 それは少なくとも判決に影響を与える要因になっているはずです。, アメリカでは2017年に公開されたこの映画はアルジェ・モーテル事件から50年後に公開されたことになります。 ALL RIGHTS RESERVED. ©Copyright2020 MOVIE TREASURE BOX.All Rights Reserved. ②事件の夜の出来事. 1967年7月25日の夜、デトロイト市警、ミシガン州警察、ミシガン州兵からなる暴動鎮圧チームは、アルジェ・モーテルの1ブロック北にある保険会社の建物を警護していました。 さらにその中心街を守る警察官のほとんどは白人でした。, 暴力的で差別的な白人警察官。 1963年7月にミシガン州のデトロイトで発生した米国史上最大級の暴動<デトロイト暴動>。 デトロイト大行進の目的の一つは、実はこの大暴動の追悼だったのである。 20年前のデトロイトで、白人支配打倒のために立ち上がった勇気ある黒人たちをたたえ、命を落とした多くの同胞たちを追悼するため、この大行進の日程は選ばれた。 デトロイト暴動(デトロイトぼうどう、英語: Detroit riot)は、1967年7月23日から27日にかけてアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトで起こった暴動である。12番街暴動、12番通り暴動(英語: 12th Street riot)としても知られる。 この暴動で43人が死亡し、1189人が負傷したが、アルジェ・モーテル事件では黒人男性3人が「殺されて」いる。 ... 1967年夏、デトロイトで暴動が発生。 映画の元ネタ、デトロイト暴動と事件はどういうものだった? デトロイト暴動は1967年7月23日から27日にかけてアメリカ合衆国ミシガン州デトロイトで起こった暴動。 このほかに12番街暴動や12番通り暴動といった名前でも呼ばれているようです。 映画「デトロイト」は、2017年のアメリカ映画。1967年に起こったアメリカ最大級の暴動事件と言われるデトロイト暴動を題材にしています。中でも焦点をあてられているのが、暴動の最中にアフリカ系の客が集まっていたホテルで起きたアルジェ・モーテル事件です。客の1人がいたずらに鳴らしたレー … デトロイト暴動の渦中で起きた事件-歴史の闇に眠る“戦慄の一夜”に肉薄する!衝撃の実話に挑んだk.ビグロー監督からコメントが到着!映画『デトロイト』 ストーリーは、アメリカの近現代史を語る上で忘れることができない凄惨な暴動事件が起きたデトロイトを舞台に、連日暴動が続く中で起きた恐怖に満ちた“ある一夜”の事件がもととなっている。 アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ警官たちによって始まった、モーテルの宿泊客たちへの不当な強制尋問。それは、誰彼構わず脅迫し自白を強要する「死のゲーム」だったという。そこで一体何が起こったのか。アメリカだけでなく、全世界を震撼させた禁断の真実が、『デトロイト』で … デトロイトでは、ベトナム戦争から帰還した黒人退役軍人を讃える式典が開催されていた。 1967年のデトロイト暴動の最中に起きたアルジェ・モーテル事件を元とした作品。 公開された2017年はデトロイト暴動からちょうど50年目の節目の年でもあった。 監督は50年前に起きた事件を忘れてないためにこの映画を作っただけでなく、今も変わらず続いている同じような事件に対してのメッセージのために作った映画でもあります。, 映画の中で描かれている恐怖の40分間は、絶対に忘れてはいけない出来事です。 その怒りが爆発します。 どんなホラー映画よりも怖い描写でしたが、これは実際に起こった出来事なのです。, この映画を作る際にキャスリン・ビグロー監督は、できるだけ事件の関係者からモーテルの中で起こった事実を聞き出し、作品を描いたと言っていました。, 当事者であるメルヴィン・ディスミュークス警備員や歌手のラリー・リードそして白人女性のジュリー・ハイセルさんはその事件の生々しさを語っていました。 現在のデトロイトの治安が悪い原因を歴史的に検証すると、1967年7月に発生したデトロイト暴動事件が引き金になっています。 当時、自動車産業によって栄えていたデトロイトには、労働力として多くの黒人が集められていました。 今作【デトロイト】の元となったデトロイト暴動は、今からおよそ50年前の出来事です。 あのとき事件に巻き込まれた者、事件の当事者の方々の中には、ご存命の人物もいらっしゃいます。 1967年にデトロイトで起きた暴動。それは黒人に対する不当な逮捕への不満が一気に爆発して起こりました。その暴動の最中に起きたのがアルジェ・モーテル事件です。白人警官による暴力と殺人。絶対に忘れてはいけない出来事ですが、それは今も続いている悲しい出来事なのです。, 1967年7月、暴動発生から3日目の夜、若い黒人客たちで賑わうアルジェ・モーテルに、銃声を聞いたとの通報を受けた大勢の警官と州兵が殺到した。, やがて、それは異常な“死のゲーム”へと発展し、新たな惨劇を招き寄せていくのだった…。, (出典:https://longride.jp/detroit/about/index.html), 1967年に発生したデトロイトの暴動。 当時のデトロイトは、市民は4割が黒人だったが、警察官の95パーセントを白人が占めていた。 黒人に対する差別や格差が蔓延し、一触即発の状況下でデトロイト暴動が起こったのだ。 この映画は、実際に1967年に起きたデトロイト12番街暴動の最中に起きた、アルジェ・モーテル事件に基づいている。 1967年7月23日。デトロイトでは、ベトナム戦争から帰還した黒人退役軍人を讃える式典が開催されていた。 「コザ騒動」か「コザ暴動」か-。50年前に起きた「事件」の表記を巡っては、今も議論の的になっている。組織や立場の違いで、あの日に起きたことの捉え方が異なり、表現は定まらないまま複数の呼び名が混在している。 『デトロイト』(原題:Detroit)は2017年にアメリカ合衆国で公開されたドラマ映画である。監督はキャスリン・ビグロー、主演はジョン・ボイエガとウィル・ポールターが務めた。 本作は1967年のデトロイト暴動の最中に発生したアルジェ・モーテル事件を題材にした作品である。 そしてまた彼らは「絶対に忘れてはいけない出来事」だと言っています。, 黒人の少年を3人も殺害した警察官や裁判で無罪になってしまいました。 その事件の様子は映画『デトロイト』の中で嫌という程描かれています。, 白人警察官による拷問シーンは見ているだけで、緊張と恐怖に襲われてしまいます。