こちらは、「JR」四国・北海道は赤字。本州3社は最高益という明暗のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。 旧国鉄が民営化して30周年となる節目の年ですが、朝日新聞の報道によると、jr北海道とjr四国の2社は現在、鉄道ネットワークを維持するのが厳しいほど経営危機に瀕しているようです。アメリカ在住の作家で、鉄道事情にも精通したジ… これを受け国交省は、jr四国に対し、四半期ごとの決算を開示して経営指標を検証することなどを求めていた。 それによると、売上高にあたる営業収益は前年同期比63%減の44億円だった。 四国旅客鉄道株式会社 1.比較連結損益計算書 (単位:億円、単位未満切捨) 2017年度2018年度 決 算決 算増 減 額前 期 比 A B B-A B/A 2期ぶりの減収 513 498 15 97.1 運輸業( 15.2億) 613 613 0 99.9 99 114 15 - 動力費(2.1億) 第33期決算公告(2019年4月~2020年3月) 第32期決算公告(2018年4月~2019年3月) 第31期決算公告(2017年4月~2018年3月) その理由が『経営安定化基金』です。 実は国鉄が民営化する際に、jr北海道・jr四国・jr九州が慢性的な赤字経営になるのは百も承知でした。なので、民営化されると同時に上記の3社には持続的に経営ができるように『経営安定化基金』が提供されています 四国には雪ないしわりと人が分散してるのに赤字とか 引用元: ・JR北海道が赤字→わかる JR四国が赤字→わからない 2: 2020/10/27(火) 16:12:09.79 jr四国が8日発表した20年3月期の連結決算は、営業損益が120億円の赤字だった。 過去5年間では100億円規模の営業赤字が続いていたが、過去最大の営業損失となった。 20年3月期の売上高は489億円だった。 JR四国の破綻はJR体制全体の矛盾の表れだ。現場労働者こそJR体制を根本から変革する闘いの担い手だ。 赤字は一気に拡大手元現金はゼロに 5月8日、JR四国は2019年度の連結決算で営業利益が120億円の赤字になったと発表した。 jr四国が路線ごとの収支と営業係数を公表しました。2013~17年度の5年間の平均で、全9路線18線区のうち、黒字は瀬戸大橋線だけでした。 9路線18線区の収支公表 jr四国が路線収支を公表したのは、2019年3月22日に高知市で開かれた「 JR四国 営業収入 民鉄5社 営業収入 鉄道・軌道事業の10年の動向 (万人) 輸送人員、営業収入の推移 (年度) 10年間の推移・現状 これまでの主な取組・トピック ※「民鉄5社」はJR四国を除く管内民鉄の鉄道・軌道の合計値を計上 輸送サービスの改善 jr四国の半井真司社長が、四国内の鉄道網の維持について、将来的にさまざまな検討をすることを示唆しました。全国的に鉄道の地方路線の輸送密度が低下するなか、jr四国も危機感を強めているようです。 存続・廃止を含め検討 日本経済新聞2016年11 jr四国の最終損益は53億円の赤字. JR四国さん、殆どの路線で赤字を計上してしまう 1: 2018/03/31(土) 00:10:42.10 ID:LmvmM+gy0 JR四国は29日、人口減少が続く四国の鉄道網の維持方策を検討する有識者懇談会(座長=正司健一・神戸大大学院教授)の第2回会合を高松市内で開いた。 jr四国の大きな問題点について会社概要会社名四国旅客鉄道㈱設立日昭和62年4月1日資本金35億円社員数2,391人事業内容旅客鉄道事業・旅行業・その他関連事業【構成】四国内に流入する観光客数各地域別訪日外国人の推移四国に訪れる外国人観光客ま jr四国の赤字が話題になっているみたいだが、jr四国の赤字は毎年100億円。 しかし、jr北海道の赤字は毎年500億円。 北海道を見ると、四国はまだましなのではないかと思えてしまう。 2019-03-22 21:05:47 赤字額は300億円を超え、毎期大量の赤字を垂れ流しているjr北海道。 それでも倒産しない理由は何か。 ニュースの教科書 編集部 ニュースの教科書 // // 国鉄が分割民営化した時、三島のjr北海道、jr九州、jr四国は厳しいだろうというのは当初から言われていたそうですね。 この三社の中で一番マシなのはjr九州でしょう。鉄道は赤字でも不動産やホテル経営で意外と順調に儲けが出ているそうですよ。 jr四国は22日、高知市で開かれた懇談会で、過去5年間で、四国内の全路線のうち、黒字なのは瀬戸大橋線の児島宇多津間だけで、赤字の年間平均額は、109億円にのぼるなどと、厳しい状況を明らかにしまし … 3月30日の会見で、jr四国の社長が「会社発足以来、最大の危機的状況」と述べたことが話題になりました。2020年に入ってからの新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、交通事業者はさらなる苦境に立たされています。この記事では、特にjr四国にスポットをあて現状を見てみましょう。 「コロナ赤字で急浮上」jr北海道とjr四国が消滅する日は近い ... 「アマゾンは無料と思い込む子も」お年玉はやっぱり現金がおすすめな理由. 3月31日、jr四国は2020年度の事業計画を公表した。 鉄道事業について、営業収益は270億円に対し、営業費は399億円で129億円の赤字。 JR四国の路線別収支状況によると、営業係数(100円の収入を得るためにかかる経費)は、全20線区のうち本州と四国を結ぶ本四備讃線(瀬戸大橋線)を除く19線区で赤字で、厳しい経営状況が改めて浮き彫りになった。 営業係数は100を超えると赤字を意味する。